30代からのたるみ改善ガイドTOP > 胸・お腹・お尻のたるみ対策 > お腹のたるみを引き締める

お腹のたるみを引き締める

胸、お腹、お尻は加齢によりたるんできます。スタイルを維持するためには気が付くといつのまにかたるんでいるお腹を何とかする必要があります。 どこでもできるエクササイズを紹介します。

お腹のたるみは最大の難問!

ダイエットに悩む女性が多いようにお腹のたるみを取るのは女性にとって至難の業。

若いころはプロポーションを維持できていたという方も出産を経て、30代になり、子育て、家事、育児とおわれているうちに気づいたときにはお腹まわりがぷよぷよになっていて、浮き輪のようなお肉がついてしまっているというケースが多いんですね。

一度たるんでしまったお腹を元通りの状態に戻すのはなかなか難しいものです。 とくに浮き輪のようにお腹周りにたっぷりとぷよぷよしたお肉がついてしまっているという場合、間違いなく運動不足でしょうし、腹筋をはじめ筋肉もないし、カロリーオーバーだからです。

お腹のたるみを取り去るには大好きな食事を制限しないといけませんし、大嫌いな運動と筋トレをしないといけません。 ただ、単に体重を落とすなら少しの間食事制限すればいいかもしれませんが、お腹のたるみとなると、脂肪を落としつつ、筋肉をつけないといけません。

お腹周りの筋肉を鍛えてお腹を凹ませる。

お腹のたるみを引き締めるにはお伝えしたように、脂肪を燃やしつつ、筋肉をつけてウエストをキュッと引き締めないといけません。 食事制限だけのダイエットがダメなのは筋肉が落ちてしまうからで、たとえ体重が落ちたとしても脂肪は残り、筋肉が減っている状態なので、 メリハリのない体になってしまうからです。

女性がよく勘違いしているのは、筋トレをするとマッチョになってしまうということ。ゴツゴツした体になるのはいやだからと筋トレはしたくないという人が多いことです。

これについていえるのは、筋肉を肥大化させるのは男性ホルモンの影響が非常に大きいということです。 だから女性の場合、そんなに気にしなくてもゴツゴツした筋肉はつかないということです。

また、筋トレといっても「筋肉を太く大きくする方法」と「筋肉で引き締める方法」の2パターンがあります。 女性にとっての体作りの目的は後者の引き締めることに重点をおいた筋トレなのでそちらのやり方で筋トレをすればいいんです。

ということでやるべきトレーニングがこれ!

いわゆる体幹とレーニングというもので、一般的な腹筋運動のように体を上げ下げする必要はなくポーズをキープすることで力をかけ続けるのがポイントです。 正確なフォームで行うと短時間でも非常に高い効果が期待できるので、忙しい方も簡単にできるはずです。

ドローインでお腹周りを引き締める!

通勤の電車の中、デスクワーク中、テレビを見ているときなど、いつでもできる腹筋エクササイズとして、 ドローインと呼ばれる呼吸法を取り入れたエクササイズがあります。

ドローインというのは「お腹を凹ませる」という意味で、お腹を背骨にくっつけるイメージで息を目一杯吐き切り、 腹筋を働かせるという特にお腹のインナーマッスルを鍛えるのに効果的な呼吸法です。

やり方は簡単で

● 口から目いっぱい息を吐きだす
● お腹がぺちゃんこになるまで全部吐ききる
● 吐き切ったときに息を止め、肛門を引き締めるとなお良し
● 鼻から目いっぱい息を吸う
● お腹に手を当ててお腹が膨らむのを確認する(はじめのうちだけでOK!)

ということを繰り返すだけ。立っていても、椅子に座っていてもどんな姿勢の状態でも行うことができるので、 運動する時間がないとかジムは高くていけないとかそんな人でも今日、いまからでもはじめることができます。

ドローインを知ってしまったら最後、もう言い訳はできないということです。^^

ドローインを行う場合は背筋を真っ直ぐ伸ばした状態で胸を張る姿勢が基本となります。 ウォーキングなどの有酸素運動を合わせることもできるので、是非、生活に取り入れて挑戦してみてください。

Page top icon