30代からのたるみ改善ガイドTOP > 胸・お腹・お尻のたるみ対策 > お尻をヒップアップする!

お尻をヒップアップする!

胸、お腹、お尻は加齢によりたるんできます。キュッと引き締まった魅力あるお尻づくりにおすすめのの簡単エクササイズを紹介します。

垂れたお尻の原因は?

体のたるみのなかで気になる部位NO.1というのは実はお尻です。

お尻のたるみに気づくのは30代になってからの人が多いようですが、まだまだ大丈夫だろうと思っている20代でも油断は禁物。 運動不足はもちろん、背中を丸め、お尻や太ももの筋肉を使わないひざを伸ばさない歩き方をしていれば、どんどんお尻が垂れていってしまいます。

下着からお尻にお肉がはみだしていたり、太ももとの境界線がわからなくなっていたり、四角いお尻になっているなど、 お尻ブスになっている原因はお尻の筋肉からお尻を下から支える太ももの裏の筋肉までが弱ってしまっているからです。

美尻を保てるか、垂れ尻になるかは、20代後半から30代前半にいかにヒップアップを意識した生活ができるかどうかにかかってきます。 お尻がたるむ前に対処するようにしましょう。

お尻と太もものたるみを解消する美しい歩き方

まず普段から気をつけてほしいのが歩き方です。

ポイントは「ひざ」です。後ろに出した足のひざ裏が伸びていることが大切で前よりも後ろに歩幅を大きくするようなイメージで歩くと力強く地面を蹴れるはずです。 お尻と太ももの裏側の筋肉をしっかり使って歩けるのでお尻のたるみを防ぐこともできます。

こんな動画を見つけました。ひざ裏を伸ばすことが大事だといってます。

まっすぐ背筋を伸ばして立ち、おしりの穴をキュッとつぼむイメージで歩くようにしてください。 最初は不自然な感じがすると思いますが、慣れてくると姿勢がキレイになり、見た目にもエレガントになります。

美しさを感じる歩き方は上半身と下半身の連結、そして下半身の筋肉がしっかり連動している証拠なので、ヒップも締まり、 太もものたるみまで一気に解消することができるはずです。

お尻と太もものたるみを解消する本格派エクササイズ

ちょっと本格的なエクササイズを紹介します。

お尻のたるみを解消するために鍛えないといけない筋肉というのはお尻にある大殿筋、中殿筋、そして太ももの裏側のハムストリングという筋肉です。 この3つを鍛えられるエクササイズというのはたくさんあります。

とりあえずカーヴィダンスの樫木さんの簡単エクササイズ動画です。

それからもうひとつ。こちらは股関節を動かすエクササイズも紹介しておきます。

お尻とそれを支える筋肉というのはすべて股関節を動かすためにあります。そのため股関節を動かすエクササイズをすることもお尻および、その周辺の筋肉を鍛えることができます。

この動画がわかりやすです。

ひざを前後にまっすぐ振り上げる動きはお尻全体を覆う大殿筋のエクササイズになります。 また同時に太ももの裏側のハムストリングも鍛えられるのでお尻と太ももの境界線が取り戻せます。

それから動画途中で8の字を動かすように変化を加えていますが、こうすることでお尻の上側にある中殿筋と太ももを鍛えることができます。 中殿筋は体幹を支えてお尻のボリュームアップをサポートしてくれます。

こうしたエクササイズをやるときに気をつけることは姿勢です。骨盤を正面水平に保ち、傾かないようにします。 動画のとおり壁につかまり、できれば鏡で姿勢を確認しながら行うのが理想です。

Page top icon