30代からのたるみ改善ガイドTOP > たるみにまつわるQ&A > たるみ毛穴が目立ちます...。

たるみ毛穴が目立ちます...。

コラーゲンは効くの?CMのあの商品の効果は?たるみケアのQ&A集。30代になり、毛穴がたるみ、縦長の涙型になって目立つようになります。これがたるみ毛穴です。

30代から目立ちはじめる「たるみ毛穴」

黒ずみや角栓に悩んでいた10代20代と違って、30代の毛穴の悩みは「たるみ」です。

鼻から頬へ毛穴の悩みポイントが変わり、涙形や楕円形のように縦長のたるんだ毛穴が目立ち始めて悩んでいる方も多いと思います。 こうした毛穴のたるみの原因は、コラーゲンやエラスチンといった弾力成分がゆるんでくることで毛穴が開いてくるからです。

たるみ毛穴はたるみの初期症状といえるもので、コラーゲンやエラスチンといった成分が劣化・減少し始めた証拠です。 そのうち毛穴だけでなく次第に顔全体もたるんでくるようになります。そのためたるみ毛穴が目立ち始めた時点から、アンチエイジングを意識しはじめたほうがいいと思います。

アンチエイジングはスキンケアはもちろんですが、生活習慣も見直すことも大切です。

たるみ毛穴対するスキンケア&効果のある有効成分

たるみ毛穴が目立ちはじめたらどのようなスキンケアを行うのが良いのでしょうか?

まずはお肌の健康を整える環境を作ることから始めてみましょう。睡眠時間は足りていますか?日付が変わる前に寝ているでしょうか? 肌にとっては栄養よりも何よりも睡眠が一番の薬になります。理由は簡単で寝ている間に肌の修復と再生が行われるからです。

また栄養バランスの摂れた食事を心がけているでしょうか?サプリに頼るのは大間違いで、効率よく確実に肌へ有効成分を送り届けるためには 食事からの栄養摂取が基本中の基本です。それから当たり前ですが喫煙は問題外です。タバコはビタミンCを破壊する空です。これはもう常識。

まずはこうした生活習慣の改善が健康なお肌を作るための土台作りとして最低限度のことです。 生活習慣が乱れているのにやれエクササイズだ、高級化粧品だ、エステだなんだとやっても意味がありません。 土台が整ってはじめてスキンケアが生きてくるわけですから。

たるみ毛穴のスキンケアで重要なのは、ナイアシン、レチノール、ビタミンC誘導体を補給してコラーゲンの合成を手助けすること、 線維芽細胞を活性化させるためにEGFなどの細胞の再生に役立つ成分を積極的に肌に浸透させるのが効果的です。

レチノール配合の化粧品やビタミンC誘導体を取り入れるのが簡単だと思います。

たるみ毛穴に効く美容医療

たるみ毛穴に効く美容医療も紹介しておきます。

1つ目はケミカルピーリング。これはピーリング剤という一種の酸を皮膚に塗ることで古くなった角質を剥がして肌のターンオーバーを高めるという治療方法です。 真皮のコラーゲンを増やす作用もあるのでたるみ毛穴とは非常に相性がいいです。

2つ目はイオン導入。微弱な電流を流して有効成分を肌に浸透させる施術です。主にビタミンCを浸透させるのに使います。 ケミカルピーリングの後にイオン導入をするとさらに効果的です。

3つ目は光治療です。こちらは波長幅広い光を肌に照射することで肌を活性化させるというもの。 コラーゲンを活性化するのでたるんでいた毛穴もキュッと引き締まります。

いずれもたるみ毛穴の原因であるコラーゲンなど弾力成分を肌を活性化することで増やしてくれるもので、メスも使わないですし、手軽にできるものだと思います。

これは光治療の施術風景。

Page top icon