30代からのたるみ改善ガイドTOP > 顔のたるみ対策 > ほうれい線が気になるなら

ほうれい線が気になるなら

まぶたやほうれい線、目の下など顔のたるみを目立たなくする方法を紹介します。特にぼうれい線を消す方法を探している人は多いはず。 美容医療で治す方法とお金をかけないで目立たなくする方法の2つを紹介します。

ほうれい線で悩んでいる人が一番多いはず!

顔のたるみのなかで最も悩みが多いのはおそらくほうれい線でしょうね。

表情ジワとの違いは無表情でいるときも消えないということ。加齢により口もとの皮膚がたるむと同時に頬の脂肪も下がってくるのがその原因になります。

ほうれい線は筋肉たるみと皮膚たるみが重なったものですから、表情筋エクササイズで顔の筋肉を鍛えつつ、 皮膚たるみの原因である、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力成分を補ったり、守るケアが必要になります。

できてしまったほうれい線を消したり、無くすというのは本当に大変でお金もかかるので、 とにかくできないように予防するというのが何より重要なほうれい線ケアになります。

自宅でできるほうれい線ケアは予防のため行うもの

お金をかけずにほうれい線をケアしたいという場合は、マッサージや筋トレが重要です。

ほうれい線が目立つ原因は、お伝えしたように顔の筋力が衰えてしまうこと、 そして肌の弾力成分であるコラーゲンやエラスチンが加齢や紫外線により劣化したり、減少することでたるみができるからです。

そのため表情筋をさびつかせないために顔の筋肉を毎日のエクササイズで刺激してあげることで筋肉の老化を防ぐことが大切です。 また、ほうれい線の部分をやさしく滑らせるようにすると、マッサージをするのも血流が良くなり効果的です。

それから皮膚のたるみを防ぐためには、コラーゲンやエラスチンを劣化させる紫外線対策をしっかり行うことがまず1つ、 それからコラーゲンを増やす効果のある化粧品(ビタミンCやレチノール)でのスキンケア、毎日の食事やサプリでのインナーケアが重要になります。

いずれもほうれい線をできないようにするためのケアと考えたほうがいいです。 一度深く刻まれたほうれい線を消すにはスキンケアやインナーケアでは心許ないです。

確実にほうれい線を消し去る美容医療

ほうれい線を確実に消したいという場合は、美容整形外科などに行くのが一番です。

ほうれい線治療に一番利用されているのがヒアルロン酸注射です。 くぼんだ部分を補うという美容整形は手術よりは注射のほうが今はメインのようです。 ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在している成分ですし、潤い成分でもあるので、肌が若返る効果もあります。

効き目については個人差がありますが、1年くらいは持続するようです。当然、治療に保険は効かないので自費診療ということになります。 料金はクリニックによって異なりますが、相場としては10万円前後ではないでしょうか?

即効性があるため多くの女性がアンチエイジング効果を求めて実践している方法となります。

Page top icon