30代からのたるみ改善ガイドTOP > たるみにまつわるQ&A > 夕方になると肌がたるむ理由

たるみ毛穴が目立ちます...。

コラーゲンは効くの?CMのあの商品の効果は?たるみケアのQ&A集。夕方になると肌がたるんでくるような気がする人は多いはずです。これってなぜでしょう?

夕方になるとたるみ・むくみがでてくる理由

夕方になると、たるみそしてむくみが気になる人も多いと思います。

この2つは密接な関係があります。まずたるみというのは重力が影響しているのは何となく理解できると思います。 重力の下へ下へ引っ張る力は筋肉、脂肪、靭帯といったものすべてに影響していますから、しっかりトレーニングしている人、 若者であっても朝と夕方では夕方のほうが顔も体もたるんでいるんです。

立ち仕事をしている人なんかはその影響が顕著だと思います。

例え立ち仕事をしていなくても、日中の立つ・座るという動作を続けた結果、どうしても重力の影響というのは蓄積されてしまいます。 加齢により筋肉や脂肪、靭帯が垂れ下がってしまうのは重力の長年の影響とうことも無視できないというわけなんですね。

たるみとむくみの関係

ここまで読んできて、それってむくみのことじゃない?と思った人もいるでしょう。

むくみとたるみというのは非常に密接な関係があります。というのも30代~40代になって肌の弾力成分が減少してくるとその隙間を埋めるように水分が溜まりやすくなります。

そのため朝起きたときは、寝ている間に水分が顔の真皮の隙間に入り込んでいるので顔がむくんでいるはずです。 そして日中は立つ・座る・歩くといったなかでその水分がどんどん重量に従って下に降りてくるので顔のむくみはマシになりますが、 お尻から下の下半身に水分が溜まってしまいます。

年々、顔と体がたるんでいくにつれて、むくみもひどくなっていくのは、肌の細胞と細胞の間がスカスカになり、 そのできたスペースに水分が入り込みやすくなるからです。たるみがひどいとむくみもひどいというのはこういう2つの関係性があるからなんです。

朝の顔のむくみ、夕方の足のむくみ対策

たるみだしたらむくみにも気をつけないといけないことが理解できたところでさっそくむくみ対策も紹介していきたいと思います。

まずは水分の摂り過ぎに気をつけることです。お酒を飲み過ぎた次の日に顔がむくんでいるというケースからもわかるように、 寝る前に水分を摂りすぎないようにすること、お酒を飲みすぎないようにすることはむくみ対策の基本中の基本といえます。

次はふくらはぎの筋トレです。座りっぱなし、立ちっぱなし、など同じ姿勢を続けているとむくみやすいのは経験済だと思いますが、 その原因はふくらはぎのリンパ液を運ぶ筋肉のポンプとしての働きがスムーズに行われないからでもあります。

ふくらはぎの筋肉が収縮運動を行うことで血液やリンパ液は流れるという性質を持っているので足の筋肉がないということは、 リンパ液が溜まって足もむくみますし、血行も悪くなって冷え症などの問題もでてくるというわけです。

マッサージがむくみ解消に効くのは本来ふくらはぎの筋肉がやるべきことをマッサージすることで助けてあげるからです。 筋肉が収縮運動がスムースにいってないのを手で揉んであげることで血液やリンパの流れをスムースにしているんです。

Page top icon