30代からのたるみ改善ガイドTOP > たるみにまつわるQ&A > コラーゲンは効果あるの?

コラーゲンは効果あるの?

コラーゲンは効くの?CMのあの商品の効果は?たるみケアのQ&A集。コラーゲンの粉末やドリンクなどは、たるみ防止やリフトアップに効果ある?

コラーゲンは効くの?効かないの?

たるみに効く成分といえばコラーゲンが一番有名です。

すっぽんを食べたり、鶏鍋を食べたり、コラーゲン鍋なんてものもありますが、そうした料理を食べた翌日には肌がプルプルになるといわれていますよね。 コラーゲンと聞くともう手遅れな中高年のおば様ほど手を叩いて大喜びします。

もちろん美容の意識が高い若い女性にもコラーゲンは大人気です。手軽に効率よく低カロリーでコラーゲンを摂取できるということで、 コラーゲンサプリやコラーゲンドリンクを利用しているという人も多いのではないでしょうか?

ただ、このコラーゲンにはその効果について疑問の声が上がっているのも事実。 経口摂取したコラーゲンは胃の中でアミノ酸に分解されるので体内にコラーゲンが増えることはないし、 都合よく顔だけに行き届くなんてことはありえない!という意見もあるからです。

経口摂取したコラーゲンは線維芽細胞を活性化する!

ただ、不思議なことがあって本当に効果がないなら一時的なブームになりはすれ、今も売れ続けているということはないはずです。 消費者はそこまでバカではないはずです。

さらには、コラーゲンを食べた後は肌の調子がよくなるとか、化粧ノリがいいということにもならないはずです。 しかし、実際は美肌効果を実感できたという人は非常に多いんですね。これはなぜでしょうか?

「効果がないはずなのにコラーゲンを摂取した人に話を聞くと美肌効果を実感したという人が多い。」ということについては実はここ最近になって明治やニッピ、 ロッテなどの食品メーカーの研究によってそのメカニズムがわかってきました。

それによると、摂取したコラーゲンが直接コラーゲンになることはないけれど、コラーゲンやエラスチンなどの弾力成分をつくる線維芽細胞を活性化する効果があるとのこと。 つまり、コラーゲンによる肌への効果はあって、肌のたるみにも効くということなんです。

たるみ防止のための正しいコラーゲンの摂取方法

では、コラーゲンをどうやって摂取するのが効果的なのか?を説明します。

まずはコラーゲン単体でとってもダメだということ。コラーゲンの合成や分解に必要なたんぱく質をはじめ、 コラーゲンの合成に必要不可欠なビタミンCを一緒に摂取する必要があります。

また、肌の真皮層でコラーゲンの構造を支えてくれているエラスチンも一緒に摂取すると美肌効果が高まるということが研究によりわかっています。 (エラスチンはコラーゲンと違って食事から摂取するのが難しいのでサプリに頼らざるを得ません。)

1日の目標摂取量ですが、ヒト試験で論文報告されている効果が期待できる量というのが5000~10000mg程度。 日本人女性は普段の食事から平均して1900mgのコラーゲンを摂取しているようなので足りない分はサプリやドリンクを利用するのがいいかもしれません。2か月も続ける効果がでるとのこと。

注意することはコラーゲンの効果を低下させてしまう脂質と糖分を摂り過ぎないこと。 脂質はコラーゲンの合成を低下させ、糖質は糖化といってコラーゲンを異常たんぱく質に劣化させてしまうからです。

Page top icon