30代からのたるみ改善ガイドTOP > 最新の美容医療 > クリニックでのたるみ治療

美容クリニックでのたるみ治療

確実にたるみを改善するなら美容医療も選択肢の1つ。美容医療には、肌を切開する「切るたるみ治療」と高周波などの「切らない美容医療」があります。それぞれどんな治療法があるんでしょうか?

美容医療でたるみを解消するメリット・デメリット

スキンケアもダメ、自宅用の美顔器でもダメ、エクササイズも効果なし。

たるみを改善・解消するためにいろいろやったけれど、一向に効果を期待できないという場合は諦めるというのも選択肢の1つですが、 どうしてもたるみを何とかしたいという場合は美容外科や美容皮膚科での処置ということも考えてみるといいと思います。

美容医療でのたるみ解消は確実に効果があるというメリットがあります。 しかし、治療費は保険が効かないので高額ですし、方法によっては身体に傷が残る場合もあります。腫れや痛みが引くまでに時間がかかり、その間外に出れないということもデメリットも頭にいれておかないといけません。

実にさまざまな治療方法がありますが、大別すると肌にメスを入れる「切るたるみ治療」と波長の広い光線や高周波を取り入れた「切らないたるみ治療」をの2つがあります。それぞれどのような治療方法なのか確認してみましょう。

切るたるみ治療:フェイスリフト

まず、肌にメスを入れるたるみ治療法の代表格はフェイスリフト手術です。

自分で顔の皮膚を上に引っ張るようにするとシャキっと若返ったような顔になりますよね。 あるいは髪型をポニーテールのように後ろに髪を引っ張るとシワやたるみがスッキリすると思います。 この状態を皮膚を切開し、縫合しなおすことで作り上げるのがフェイスリフト手術です。

皮膚を切開し、余分な脂肪を吸引し、皮膚を縫合するという非常に大がかりなものになります。 事前のカウンセリングの時にどのような手術内容になるのか、傷痕はどれぐらいになるのか、などを確認して納得したうえで手術を行うことが大切です。

術後には痛みがありますし、腫れも生じます。数日もすれば痛みと腫れは引いていきますが、 傷痕が目立たなくなるまでは時間がかかりそうです。手術を行う医師の技術力によっては後遺症のリスクも考えなくてはいけませんので、 信頼できる医師にご相談することをおすすめします。

フェイスリフト手術

切らないたるみ治療:サーマクール、ウルセラ

肌を切開せずに切らないたるみ治療ではIPLなどの光治療や高周波を用いた治療をメインです。

切らずにリフトアップさせるものには実に種類があり、痛みも腫れもなくエステ感覚で行えるものがありますが、 効果重視で選ぶと「サーマクール」と「ウルセラ」という2つの方法が定評があります。

いずれも真皮層にやけどした状態を人工的につくることで、線維芽細胞が創傷治癒のために弾力の強いコラーゲンを生成するのを促進するというものです。

● サーマクール 治療費は25~35万程度 効果:半年から1年/1回

高周波で火傷した状態をつくりだします。

● ウルセラ 治療費は25~35万程度 効果:半年から1年/1回

超音波で火傷した状態をつくりだします。

Page top icon