30代からのたるみ改善ガイドTOP > 胸・お腹・お尻のたるみ対策 > バストが垂れるのを防ぐ

バストが垂れるのを防ぐ

胸、お腹、お尻は加齢によりたるんできます。年齢とともにバストが垂れるのを防げるのか?スタイルを維持するための方法は?どんなことすればいいのか検証します。

バストが垂れる原因とは?

女性のバストは出産を経験した方はもちろん、加齢により垂れやすくなります。

バストが大ければ大きいほど、見た目にも垂れるのがよくわかりますし、バストの小さな人であっても垂れて左右に広がります。 バストの大きさに関係なくバストは垂れるものだということは覚えておいたほうがいいかもしれません。

バストが垂れてしまう原因として考えられるのは、筋肉が縮んで硬くなり、胸郭が下がってしまうことややホルモン量の変化、 加齢に伴う皮膚のたるみがあります。出産後や授乳後にもバストの形は大きく変化しますよね。

それからバストを支えているクーパー靭帯が運動などをして胸が揺れたときに切れてしまうこともバストが垂れてしまう大きな要因です。 このクーパー靭帯は一度切れてしまうと元通りにはならないと言われているので注意が必要です。

バストを支える筋力と靭帯の衰えがあるとバストは垂れてしまいます。

バストアップのためのエクササイズ

バストアップのためのエクササイズを紹介します。

ここでいうバストアップとはいわずもがなバストの位置を上げる(持ち上げる)という意味です。 バストのサイズやカップ数を上げるということではないのであしからず。

まず意識してほしいのは、バストの下にある胸郭という籠上の骨格です。 深呼吸などをすると胸郭が上がり、それと一緒にバストも持ちあがってくるのでなんとなくイメージできると思います。

この胸郭が常に上がっているようにすると姿勢もよくみえますし、バストの位置もあがります。 胸郭につながるお腹や胸の筋肉には小胸筋や腹直筋、腹斜筋などがあり、これらの柔軟性を保ち、伸ばしてあげることがバストの下がりには効果的です。

運動不足や1日中座った状態が続くと、こうした胸郭周りに筋肉がすぐに硬く縮んでしまうので胸郭も下がり、 姿勢も悪くなってバストの位置も下がってしまいます。小胸筋や腹直筋、腹斜筋をストレッチして胸郭の動きをスムースに保っておくと重力に負けないバストをつくることができるわけです。

それからもうひとつ、バストの大きな人が特に気をつけないといけないのがクーパー靭帯です。これは胸を支えている靭帯なんですが、 走ったり、飛んだりと体を動かして、胸が揺れるこのクーパー靭帯が切れてしまうといわれています。

そのため、バストを揺らさないことが非常に大事で、体に合ったブラジャーを身につけることはもちろん、 運動する際はそれ専用のスポーツブラをするか、走るのをやめて胸の揺れが少ないウォーキングや水泳にするといった工夫も必要になってきます。

バストが垂れたら乳房下垂手術でOK!?

他の多くのたるみは加齢が大きく影響しているものですが、バストにかんして言うとホルモンバランスも影響しているという特徴があります。 加齢でもホルモンバランスは変化しますが、多くの人が悩むのは産後や授乳後にバストが垂れてしまうことです。

これは妊娠中はホルモンの影響で授乳のために乳腺がどんどん発達してバストが大きくなるのですが、 産後や授乳後に一気にホルモン分泌が減るため、胸が萎み、たるみだけが残されてしまうことが原因です。

極端に太った人が短期間に急激なダイエットをすると、脂肪は落ちるけれども、伸びきった皮膚はそのまま残って皮膚たるみが残るということがありますが、 それと同じようなことが起こるわけですね。

乳房下垂手術といった美容整形もありますが、「前よりはマシかな?」というぐらいの仕上がりがほとんどで、 若いころのようなハリのある美しい乳房が取り戻せるということはないです。また、何よりも傷跡が残ってしまうというデメリットがあり、リスクも大きいのが実情です。

プエラリアなどの女性ホルモンの分泌を活性化させてバストアップさせるという方法というのもあるようですが、 美容医療にそんな治療がないことからもわかるように、たいして期待できないものだと思います。

賛否両論ありますが、女優さんやモデルさんが体型がくずれるから子供を生みたくないとか授乳したくないというのも垂れてしまったバストに対してはきれいにする美容技術がないからなんでしょうね。

こんな傷痕がつきます。↓

Page top icon