30代からのたるみ改善ガイド/部位別に詳しく解説!について

ほうれい線、頬、顎(フェイスライン)、胸、お腹、お尻、二の腕...。年齢とともにどんどん顔や体はたるんできます。

肌のハリや弾力がどんどんなくなって、ぼよよーんとお肉がどんどんついて柔らかくなっていくんですね。

たるみというのは顔であればハリや弾力に影響する成分(コラーゲンやエラスチン)がスカスカになり、顔の脂肪を支えきれなくなり、たるんできます。 体は筋肉が減り、脂肪の重みもあって皮膚たるみとともにどんどんたるんできます。

加齢による弾力成分の減少、筋肉の劣化と減少によって脂肪の重みや重力に抗えなくなるのがどんどんたるんでくる理由なんです。

そのため、たるみを防ぐためには

1、肌の弾力成分を守ること&増やすこと(参考→コラーゲン商品の口コミレビュー
2、顔、腕、お腹、太もも、お尻などたるみやすい部位の筋肉を鍛えること
3、太らないこと

こういったことが必要になってきます。

普段のスキンケアやエクササイズでたるみを改善できないようであれば最後の手段として美容整形というものもあります。美容医療によるたるみ解消方法も詳しく解説してあるので、30代のたるみが気になりだしたあなた!ぜひ参考にしてくださいね。

30代からのたるみ改善ガイド/部位別に詳しく解説!
カテゴリー

筋肉・脂肪・皮膚がたるむのが問題

顔にかぎらず全身にいえることですが、たるんでいるかいないかを決めるのは「筋肉」「脂肪」「皮膚」の状態にあります。

いずれも問題は加齢にともなう組織の変性や減少が原因です。30代になると年に1%ずつ筋肉量が落ちていくとか、 弾力成分のコラーゲンやエラスチンが変性して、ハリがなくなるという話は聞いたことがあると思います。

筋肉や皮膚が弱るとどんどん脂肪の重さに引っ張られるのでフェイスラインがぼやけ、体型が崩れるといったことがでてくるわけです。

なので、30代からは「筋肉」「脂肪」「皮膚」の状態をいかに健康的に若々しく保つか?という点に気を付けて、 スキンケアやエクササイズといったことを意識する必要があるということですね。

皮膚を守るのは紫外線対策が大事というのはもういうまでもありません。これはいいんですが、たるみと密接な関係がある筋肉については、 多くの人が一番やりたくない運動や筋トレを行う必要があるということです。

運動できない&しないでは「たるみ」を進行する一方だと思っておいたほうがいいです。

Page top icon